skip to Main Content

vol.160 松本秀樹(鮮魚店「根津松本」店主)

  • 2016.09.02

20160802_matsumoto023まつもと・ひでき/1971年北海道網走市生まれ。実家は鮮魚店だったが、当初は別の道を選択。
やがて魚屋の素晴らしさに目覚め、東京で高級鮮魚店に就職、1年で店長に抜擢される。その後、35歳で独立し「根津松本」を開業。父同様に高級魚ばかり扱ったため、当初は敬遠されたものの、噂が噂を呼び人気店に。2014年にはプロフェショナルにも取り上げられ、さらに大きな話題に。

写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

第416回「魚が美しく見えた日」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.157 仲野孝明(姿勢治療家)

  • 2016.06.03

bG_8641なかの・たかあき/姿勢治療家。仲野整體東京青山院長。
柔道整復師。柔道整復師認定スポーツトレーナー。介護予防運動指導員。
1973年三重県生まれ。大正15年創業、のべ180万人以上の患者数と二度の藍綬褒章受章を誇る仲野整體の4代目に生まれ、自身もこれまで0歳から108歳まで15万人以上の患者を治療する。そのなかで、姿勢の極意は「背伸び」にあり、誰でも正しい姿勢になれることに気づく。正しい姿勢をトライアスロンにも応用し、「かなづち」だったにもかかわらず、たった半年の練習でトライアスロン完走など、自身の体を使って姿勢の可能性を探究。著者の人柄や独特の治療法が話題となり、メディアでも多数紹介され注目を浴びている。

第404回「姿勢は自分自身のあり方をあらわす」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.155 平野啓一郎(小説家)

  • 2016.04.09

hiranoひらの・けいいちろう/小説家
1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。著書は小説、『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、エッセイ・対談集に『私とは何か「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』等がある。 2014年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
撮影:瀧本幹也

第1回「40代に超えるべき山」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.153 中村文則(小説家)

  • 2016.01.07

中村文則なかむら・ふみのり/小説家
1977年、愛知県生まれ。福島大学卒業。02年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞を受賞。05年『土の中の子供』で芥川賞を受賞。10年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞。『掏摸』の英訳が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの2012年年間ベスト10小説、米アマゾンの月刊ベスト10小説に選ばれる。14年、ノワール小説に貢献した作家に贈られる米文学賞デイビッド・グディス賞を日本人で初めて受賞。

第1回「フリーターから作家への転身」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.151 角田光代

  • 2015.10.03

164top-face3かくた・みつよ/作家。
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。90年「幸福な遊戯」でデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年には『かなたの子』で泉鏡花文学賞及び『紙の月』で柴田錬三郎賞を、14年『私の中の彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。

第1回「連載1000本ノックで鍛えたもの」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.143 石田衣良

  • 2015.02.06

156top-face2いしだ・いら/作家。
1960年東京生まれ。成蹊大学卒業。代理店勤務、フリーのコピーライターなどを経て97年「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。2003年『4TEENフォーティーン』で直木賞、06年『眠れぬ真珠』で島清恋愛文学賞を受賞。
写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

第1回「センスよくじっくり待つ」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.140 宮藤みづき

  • 2014.11.07

153top-face2くどう・みづき/Kushi Institute of Japan 公認 Kushi Macrobiotic Instructor クシマクロビオティック インストラクター。
自身の体調不良や病気から食の大切さを知り、マクロビオティックを学び始める。高城剛氏主筆のメールマガジン「高城未来研究所 Future report」にて、コラム「マクロビオティックのはじめかた」を執筆中。

第1回「宇宙の秩序にそって生きる」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.139 森保一

  • 2014.10.03

152top-face3もりやす・はじめ/Jリーグサンフレッチェ広島監督。
1968年長崎県生まれ。1992年から1996年の4年間は日本代表選手として活躍。彼は監督就任一年でチームを悲願の初優勝に導き、翌年二連覇の快挙を達成、今シーズン三連覇を狙っているという、サッカー界注目の新人監督である。

第1回「サッカー選手としての商品価値」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.136 よしもとばなな

  • 2014.07.04

149top-faceよしもとばなな/作家。
1964年、東京生れ。日本大学藝術学部文芸学科卒。87年『キッチン』で海燕新人文学賞、88年『ムーンライト・シャドウ』で泉鏡花文学賞、89年『TUGUMI』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞。海外での評価も高く、イタリアのスカンノ賞、フェンディッシメ文学賞、カプリ賞など受賞。『アムリタ(上・下)』(紫式部文学賞)『不倫と南米』(ドゥマゴ文学賞)など著書多数。

第1回「自分と向き合うことと、自分のことを書くのは違う」

Pocket
LINEで送る


Read More →
Back To Top