skip to Main Content

vol.153 中村文則(小説家)

  • 2016.01.07

中村文則なかむら・ふみのり/小説家
1977年、愛知県生まれ。福島大学卒業。02年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞を受賞。05年『土の中の子供』で芥川賞を受賞。10年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞。『掏摸』の英訳が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの2012年年間ベスト10小説、米アマゾンの月刊ベスト10小説に選ばれる。14年、ノワール小説に貢献した作家に贈られる米文学賞デイビッド・グディス賞を日本人で初めて受賞。

第1回「フリーターから作家への転身」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.152 岩谷圭介

  • 2015.11.12

imgいわや・けいすけ/発明家・エンジニア・アーティスト
ふうせん写真家。福島県郡山市出身、北海道大学工学部卒業。個人としては国内初となる上空30 km の撮影に成功、現在も国内での打上げ回数や成功率、世界最高高度など個人記録を樹立し続ける。独力で開発・数百回の実験を繰り返し行い世界最高水準の技術を確立。個人レベルの資金と身の回りの素材を使って切り拓いた宇宙開発『ふうせん宇宙撮影』を通じて、宇宙を身近に感じてもらうこと、挑戦する気持ちを広めるために活動している。その活動は新聞、雑誌、テレビ等、多数メディアに紹介され、CMにも起用された。現在は福島市を拠点に活動中。

第1回「手探りの宇宙開発」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.151 角田光代

  • 2015.10.03

164top-face3かくた・みつよ/作家。
1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。90年「幸福な遊戯」でデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年には『かなたの子』で泉鏡花文学賞及び『紙の月』で柴田錬三郎賞を、14年『私の中の彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。

第1回「連載1000本ノックで鍛えたもの」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.150 マツダミヒロ

  • 2015.09.04

163top-face2まつだ・みひろ/「魔法の質問」主宰。カウンセリングやコーチングの理論をベースに、自分自身と人に日々問いかけるプロセスを集約し、独自のメソッドを開発。質問するだけで、魔法にかかったようにやる気と能力が引き出され、行動が起こせるようになることから、「魔法の質問」と名づける。2004年より日刊メルマガ「魔法の質問」を開始。クチコミで人気が広がり、毎日2万人が読むメルマガとなる。質問を投げかけ、参加者が答えるスタイルの「魔法の質問ライブ」を軸に、日本全国・海外で行う講演は年間200件以上。NHKでも取り上げられた「魔法の質問学校プロジェクト」では、ボランティアで全国の学校へ行き、子どもたちに魔法の質問を体験してもらっている。「質問は、人生を変える」をキャッチフレーズに、上質な人生を生きるきっかけづくりを行っている。『起きてから寝るまでの魔法の質問』(サンマーク出版)ほか著書多数。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。

第1回「ワークするとクリエイティビティは失われる」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.149 大山 旬

  • 2015.08.07

162top-face2おおやま・しゅん/パーソナルスタイリスト。
アパレル勤務、転職アドバイザーを経て独立。「自信を高めるファッション」をモットーに、社会人向けのファッションコーディネートサービスを提供している。会社員、公務員、主婦、セカンドキャリア層など、顧客は多岐に渡り、仕事でのイメージアップから婚活まで、さまざまな目的にあわせて、1200名以上のスタイリングを手がけてきた。164㎝という低身長のコンプレックスをファッションに助けてもらった経験から、さまざまな体型の人の悩み解決にも取り組んでいる。現在は、経営者や有名人のクライアントも多い。「はなまるマーケット」「おはよう日本」「週刊SPA!」「日経トレンディ」などメディアへの出演や登場も多数。

第1回「時間やお金もかけなくてもおしゃれはできる!」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.148 鈴木 聡

  • 2015.07.03

vol.161鈴木聡すずき・さとし/「ラッパ屋」主宰・脚本家・演出家。
1959年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、広告会社・博報堂に入社。コピーライターとしてヒット作を多数生み出す。83年サラリーマン新劇喇叭屋(現ラッパ屋)を結成。現在は、脚本家として幅広く活躍。代表作は、ミュージカル『阿OKUNI国』(木の実ナナ主演)、松竹『寝坊な豆腐屋』(森光子・中村勘三郎主演)、パルコ『恋と音楽』シリーズ(稲垣吾郎主演)、NHK連続テレビ小説『あすか』『瞳』、東海テレビ連続ドラマ『ほっとけない魔女たち』など。ラッパ屋『あしたのニュース』、グループる・ばる『八百屋のお告げ』で第41回紀伊國屋演劇賞個人賞、劇団青年座「をんな善哉」で第15回鶴屋南北戯曲賞を受賞。

第1回「背伸びすることでつかめるもの」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.147 荻野伸也

  • 2015.06.06

vol.160 荻野伸也おぎの・しんや/「レストランオギノ」オーナーシェフ。
1978年生まれ。世田谷区・池尻にある「レストランオギノ」オーナーシェフ。目黒「キャスクルート」等で料理長を務めた後、2007年に自店をオープン。予約が取れない店として業界内外で話題になる。肉料理が得意で、看板メニューであるパテ・ド・カンパーニュは専用アトリエを設けるほどの評判。2012年には代官山にこれらをカジュアルに楽しめる「TABLE OGINO」をオープン。現在は本店を含め5店舗を経営。
写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

第1回「本当に良いものは市場に出てこない」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.146 黒澤晃

  • 2015.05.09

159top-face2くろさわ・あきら/クリエイティブディレクター・コピーライター。
1953年、横浜生まれ。東京大学国史学科卒業。1978年、広告会社・博報堂に入社。コピーライター、コピーディレクターを経て、クリエイティブディレクターになり、数多くの企業の広告制作に携わる。また、マーケティング戦略を立案し、新発売から手がけたいくつもの商品をブランドとして確立した。日経広告賞など、受賞多数。2003年から、クリエイティブマネージメントを手がけ、クリエイターの人事・育成・教育などを行う。2013年退社。黒澤事務所を設立。現在に至る。東京コピーライターズクラブ(TCC)会員、元・武蔵野美術大学非常勤講師。

第1回「これからは疑り深い人がうまくいく」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.145 藤吉みわ

  • 2015.04.03

158top-face2ふじよし・みわ/「劇団ズッキュン娘」主宰。
1988年鹿児島県種子島生まれ。仏のような父親と、過保護・ひょうきん・ヒステリックと3拍子揃った母親に育てられる。高校時代、初めて演劇に触れるも、大学時代は演劇よりも恋愛にのめり込む。大学卒業後、小劇場で活動をスタート。その後劇団ズッキュン娘を立ち上げ現在に至る。

第1回「あなたのハートをズッキュンします」

Pocket
LINEで送る


Read More →
Back To Top