skip to Main Content

vol.160 松本秀樹(鮮魚店「根津松本」店主)

  • 2016.09.02

20160802_matsumoto023まつもと・ひでき/1971年北海道網走市生まれ。実家は鮮魚店だったが、当初は別の道を選択。
やがて魚屋の素晴らしさに目覚め、東京で高級鮮魚店に就職、1年で店長に抜擢される。その後、35歳で独立し「根津松本」を開業。父同様に高級魚ばかり扱ったため、当初は敬遠されたものの、噂が噂を呼び人気店に。2014年にはプロフェショナルにも取り上げられ、さらに大きな話題に。

写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

第416回「魚が美しく見えた日」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.159 立川志の春(落語家)

  • 2016.08.04

20160708_Shinoharu038たてかわ・しのはる/1976年、大阪府豊中市生まれ。
千葉県柏市で育つ。幼少時と大学時代の計7年ほどをアメリカで過ごした。アメリカのイェール大学を卒業後、三井物産に3年半勤務。偶然通りがかって初めて観た落語に衝撃を受け、2002年、三井物産を退社し、立川志の輔に入門。11年、二ツ目に昇進。古典落語と新作落語の両方を演じている。13年、NHK新人演芸大賞本選進出。著書『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか? 落語に学ぶ仕事のヒント』(星海社新書)など。

写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

第412回「人生を変えた一席」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.158 竹下雄真(デポルターレクラブ代表)

  • 2016.07.08

20160606takeshita_019たけした・ゆうま/1979年神奈川県生まれ。早稲田大学スポーツ科学研究科修了。98年、アメリカシアトルでパーソナルトレーナー研修に参加。帰国後、都内パーソナルトレーニングジムにて多くの顧客の肉体改造に携わる。退職後、株式会社ポジティブ設立。2011年、西麻布にプライベートパーソナルトレーニングジム「デポルターレクラブ」をオープン。12年、スリランカにてヨガとメディテーションに出会い、トレーニングにおける機能性を実感する。2014年、広尾にて「デポルターレヨガ」をオープン。著書に『外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣』(ダイヤモンド社)がある。
写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

第408回「人類を進化させるというミッション」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.157 仲野孝明(姿勢治療家)

  • 2016.06.03

bG_8641なかの・たかあき/姿勢治療家。仲野整體東京青山院長。
柔道整復師。柔道整復師認定スポーツトレーナー。介護予防運動指導員。
1973年三重県生まれ。大正15年創業、のべ180万人以上の患者数と二度の藍綬褒章受章を誇る仲野整體の4代目に生まれ、自身もこれまで0歳から108歳まで15万人以上の患者を治療する。そのなかで、姿勢の極意は「背伸び」にあり、誰でも正しい姿勢になれることに気づく。正しい姿勢をトライアスロンにも応用し、「かなづち」だったにもかかわらず、たった半年の練習でトライアスロン完走など、自身の体を使って姿勢の可能性を探究。著者の人柄や独特の治療法が話題となり、メディアでも多数紹介され注目を浴びている。

第404回「姿勢は自分自身のあり方をあらわす」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.156 心屋仁之助(心理カウンセラー)

  • 2016.05.02

20160129_kokoroya022こころや・じんのすけ/心理カウンセラー
1964年兵庫県生まれ。大手企業の管理職として働いていたが、心理療法を学び始める。その後、「性格リフォーム」心理カウンセラーに。現在は京都を拠点として、全国各地でセミナー活動やカウンセリングスクールを運営。

写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

第1回「媚びる人生からの脱却」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.155 平野啓一郎(小説家)

  • 2016.04.09

hiranoひらの・けいいちろう/小説家
1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。著書は小説、『葬送』『滴り落ちる時計たちの波紋』『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)『かたちだけの愛』『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、エッセイ・対談集に『私とは何か「個人」から「分人」へ』『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』等がある。 2014年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章。
撮影:瀧本幹也

第1回「40代に超えるべき山」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.154 伊藤剛(デザインコンサルタント)

  • 2016.02.26

vol154itoいとう・たけし/デザインコンサルタント
1975年生まれ。明治大学法学部を卒業後、外資系広告代理店を経て、2001年にデザイン・コンサルティング会社「asobot(アソボット)」を設立。主な仕事として、04年にジャーナル・タブロイド誌「GENERATION TIMES」を創刊。06年にはNPO法人『シブヤ大学』を設立し、グッドデザイン賞2007(新領域デザイン部門)を受賞する。また、東京外国語大学・大学院総合国際学研究科の「平和構築・紛争予防専修コース」では講師を務め、広報・PR等のコミュニケーション戦略の視点から平和構築を考えるカリキュラム「ピース・コミュニケーション」を提唱している。これまで企画、編集した書籍に『earth code――46億年のプロローグ』『survival ism――70億人の生存意志』(いずれもダイヤモンド社)、『被災地デイズ』(弘文堂)がある。

第1回「伝えたいことを、伝わる形に」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.153 中村文則(小説家)

  • 2016.01.07

中村文則なかむら・ふみのり/小説家
1977年、愛知県生まれ。福島大学卒業。02年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞を受賞。05年『土の中の子供』で芥川賞を受賞。10年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞。『掏摸』の英訳が米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの2012年年間ベスト10小説、米アマゾンの月刊ベスト10小説に選ばれる。14年、ノワール小説に貢献した作家に贈られる米文学賞デイビッド・グディス賞を日本人で初めて受賞。

第1回「フリーターから作家への転身」

Pocket
LINEで送る


Read More →

vol.152 岩谷圭介

  • 2015.11.12

imgいわや・けいすけ/発明家・エンジニア・アーティスト
ふうせん写真家。福島県郡山市出身、北海道大学工学部卒業。個人としては国内初となる上空30 km の撮影に成功、現在も国内での打上げ回数や成功率、世界最高高度など個人記録を樹立し続ける。独力で開発・数百回の実験を繰り返し行い世界最高水準の技術を確立。個人レベルの資金と身の回りの素材を使って切り拓いた宇宙開発『ふうせん宇宙撮影』を通じて、宇宙を身近に感じてもらうこと、挑戦する気持ちを広めるために活動している。その活動は新聞、雑誌、テレビ等、多数メディアに紹介され、CMにも起用された。現在は福島市を拠点に活動中。

第1回「手探りの宇宙開発」

Pocket
LINEで送る


Read More →
Back To Top