fbpx skip to Main Content

「どんなときでも人生を楽しむ秘訣」山口純子さん(美食ガイド)対談

 

今回訪れたのは、スペイン・バスク自治州の街、サンセバスチャン。

この街で驚くべきは、人口わずか18万人(東京・台東区と同程度)にもかかわらず、
人口1人あたりのミシュランの星の数が「世界一」だということ。

2014年の「世界のベストレストラン50」のトップ10に2つもレストランがランクインする一方で、バル(スペイン式居酒屋)とピンチョス(一口サイズの料理)の聖地としても名をはせている。
そんな「美食世界一」の街に、ひとりの日本人女性がいた。
サン・セバスティヤンに来て16年、美食ガイドとして活躍する山口純子さん。

そんな彼女がなぜ、スペインにひかれ、サンセバスチャンへと導かれたのか。
好きを仕事にしていくことができたのか。

「日本食の影響を間違いなく受けている」という三つ星レストラン「マルティンベラサテギ」で聞いた彼女の生き方・考え方には、「どんな環境にもブレずに、自分らしく人生を楽しむ」秘訣がちりばめられていた。

(2013年10月スペイン・サンセバスチャンで対談/オーディオマガジン『コスモポリタン』より復刻配信)

【プロフィール】やまぐち・じゅんこ/1995年からスペイン在住。バスクの食文化に魅せられて、現在はサンセバスチャンを中心に活動中。美食コーディネーターとして、スペインや日本での料理学会の通訳、テレビ雑誌のコーディネートに携わる一方、観光客向けに美食倶楽部でのバスク料理教室やバルめぐりなどをプロデュース。美食ガイドとして郷土料理のコンクールなど審査員や食関係のイベントにも招待され、バスクの食文化の最新情報を提供している。

※対談音声は、会員になると下記からアクセスいただけます。


ここから下のコンテンツはLife Update Unlimited会員様向けのコンテンツです

ログイン

パスワードを忘れましたか?

» 新規会員登録はこちらから
Back To Top