fbpx skip to Main Content

ウィリアム・ショー博士(グレートプレインズ研究所所長)第2回「難病が治る? 有機酸検査の可能性」

グレートプレインズ研究所の「有機酸検査」は、医療機関を中心に、体の状態を知る重要なマーカーとして活用されている。
尿中の有機酸化合物および他の代謝副産物を調べる検査で、結果を見れば、腸内環境や代謝の状態、栄養の過不足、環境毒素による暴露の影響など、体内で起こっているさまざまな情報が得られる。
有機酸検査で不調の根本原因を突き止めることで、難病から回復した例も多い。

そんな有機酸検査の活用事例や、人間ドックとの使いわけについて詳しくうかがった。

重症患者が有機酸検査で回復した症例

早川:博士が少し前に来日された理由を教えてください。

ショー博士:医療従事者、医師、開業医のための教育のセミナーを行いました。
最新のテクノロジーを使用して、医療従事者がより多くの患者さんを治療できるような内容のセミナーです。

早川:参加者の反応はいかがでしたか?

ショー博士:とてもいい反応をいただいたと思います。
そのセミナーが終わったあと、ものすごくたくさんの人が私と一緒に写真を撮りたいと言って来られました。
正確な測定方法ではありませんが、感触としてはとてもよかったのではないかと考えています。
でなければ、「写真を一緒に撮ろう」というふうには言わないですよね?

早川:確かにそうですね。
アインシュタインのように一緒に記念写真を撮りたくなったのでしょう。

ショー博士:(笑)。

早川:ぼくが博士を知ったきっかけでもあるのですが、有機酸検査ついてもうかがいたいと思います。
なぜ今、この検査が注目されているのでしょうか。
有機酸検査がどんなものか、読者にわかりやすく教えていただけませんか?

ショー博士:有機酸検査は、体内の中で起きている生化学的なリアクションをすべて同時に分析する検査になります。
体が健康でいるためには、臓器が効率的に動いていなくてはいけません。
体の一部が正常に機能していない場合、それが他の場所にも影響を及ぼして、全体的に機能しなくなることがあります。
私の最大の功績の一つは、異常が起きているところを発見する検査を行っているということです。
私は腸内環境の重要性と、それがどのように健康に影響を及ぼしているのか発見しました。
腸内の微生物細胞は体内の無駄なものだと考えられていましたが、本当は大切な情報であるとわかったのは、とても重要なことだと思います。

早川:ありがとうございます。
実際、今世界でどのくらいの人が有機酸検査を受けていますか?

ショー博士:100万人くらいの方が検査を今まで受けたと思います。
有機酸検査のすごくいいところは、検査を受けたことがきっかけで、重症の患者が健康体に戻ったという症例が何件もあることです。
セミナーに参加していただいた医師のお子さんの例があります。
そのお子さんは統合失調症を発症していて、幻聴や幻覚の症状が強く出ていました。
有機酸検査を行った結果、腸内の中に多くの悪玉菌がいて、脳の代謝を阻害していることがわかったのです。
通常の医療であれば、処方された薬が余計に症状を悪くすることがありますが、有機酸検査を行ってプロバイオティクスの処方をしただけで、そのお子さんの症状はとても改善しました。
パーキンソン病の患者の例もあります。
すぐ手を上げてしまい、あまりコミュニケーションができない方でした。
有機酸検査を行ったところ、同じく腸内の微生物の細菌叢が乱れていることがわかりました。
それに基づいて治療を行った結果、100パーセントとは言わないまでも98パーセントほどの症状が改善したのです。

早川:それはすごいですね。

ショー博士:先ほど申し上げたように、前職の疾患コントロールセンター(CDC)やマーシー病院で働いていた準備期間が重要だったと考えています。
いろいろな問題を抱えている患者さんや、その症状を見ている専門の方々のニーズを知ることができたからです。
病状に対して、今どんな治療が行われているのか。患者の反応はどうか。
患者は何に困っていて、どんな情報を求めているのか。
そういった経験知を得られたのです。
スポーツに例えると、タイガーウッズはゴルフのエキスパートですよね。
彼はボールを打つ練習をずっとします。
それももちろん大事ですが、私が行っていたのは、ゴルフでもアイススケートでもエキスパートになり、バスケットボール、野球、すべての分野でプロフェッショナルなレベルまで持っていくということでした。
それはものすごく難しいことで、自分でも「実現できない可能性がある」と思っていました。
現在、自分の研究所での検査を通して、パーキンソン病や自閉症など治療が難しいと思われていた病気が治せるようになってきました。
自分でもすごく社会に貢献できたと思っています。
一方で、まだ自分が達成していない部分もあります。
それはがんに関すること。
がんに関する検査や治療方法を見つけ出すのが次のステップだと考えています。

健康な人が有機酸検査を受けるメリット

早川:今のお話は、病気を抱えた方の解決にすごく役立つということでした。
ぼく自身は見ての通りすごく健康ですが、日本のある友人から「有機酸検査をすれば、より健康になるために役立つよ」ということで教えてもらったのです。
実際にいろいろなことがわかって、非常に興味深かったです。
健康な人がこの有機酸検査を受ける際の可能性や使い方について、博士の見解を伺いたいです。


ここから下のコンテンツはLife Update Unlimited会員様向けのコンテンツです

ログイン

パスワードを忘れましたか?

» 新規会員登録はこちらから
Back To Top