skip to Main Content

Vol.02 佐久間裕美子さん(NY在住ライター)

さくま・ゆみこ/ニューヨーク在住ライター。大学卒業後、大学院進学のために1996年に渡米。6年間の会社員生活を経て2003年に独立。これまで、アル·ゴア元副大統領からウディ·アレン、ショーン·ペン、カズオ・イシグロまで、多数の有名人や知識人にインタビューしてきた。『BRUTUS』『& Premium』『VOGUE JAPAN』『WIRED JAPAN』など数多くの雑誌に寄稿する。翻訳書に『世界を動かすプレゼン力』、『テロリストの息子』、著書に『ヒップな生活革命』(朝日出版社刊)、今年上梓した新刊に『ピンヒールははかない』(幻冬舎刊)がある。現在、ブルックリンのグリーンポイント在住。
http://www.yumikosakuma.com

 

♯5「米国でライターになるまで」佐久間裕美子さん(NY在住ライター)

今月のゲストはNYを拠点に活躍するライターの佐久間裕美子さん。20年前にNYへ渡り、出版社や通信社などを経て独立。数々の著名人や政治家をインタビューされてきました。第1回は、佐久間さんがアメリカへ渡りライターとして独立するまでのお話。渡米へと突き動かしたものは何か。なぜライターになったのかについてもうかがいました。「Weekly Update」では、行きたいお店や場所を効率的にストックできるアプリをご紹介しています。

 

♯6「運がいい人と悪い人の境目」佐久間裕美子さん(NY在住ライター)

NY在住ライターの佐久間裕美子さんインタビュー第2回。ライターとして独立後、活躍し続けてこられたのは「ツイているから」と語る佐久間さん。なぜツイているのか。運がいい人と悪い人の境目は何かについてうかがいました。「Weekly Update」では、旅行が好きな方におすすめの雑誌をご紹介しています。

 

♯7「アメリカで得たもの」佐久間裕美子さん(NY在住ライター)

佐久間裕美子さんインタビュー第3回。大学生の時に初めてアメリカへ行き参加した短期留学プログラム。その内容はとてもプログレッシブなものでした。佐久間さんが人生で最も影響を受けたモノ、アメリカのカウンターカルチャーについて語っていただきました。「Weekly Update」では、お風呂に入れるとリラックス効果が得られると話題のあるアイテムについてご紹介します。

 

♯8「自分らしく生きるために大切なこと」佐久間裕美子さん(NY在住ライター)

佐久間裕美子さんインタビュー最終回。環境に左右されずに自分らしく生き続けるために一番大切なのは、「好きなことがはっきりしていること」と語る佐久間さん。その理由とは。そして好きなことを見つけるコツもうかがいました。「Weekly Update」では、朝ヨガにおすすめの映像についてご紹介しています。

 

Assistant Personality/Rachel Chan
Sound/OLFA ASTRA

 

本物にだけ触れたい人のための
会員制プログラム『Life Update Plus』で
佐久間裕美子さんインタビュー完全版も配信中!

番組では、トップランナー本人の肉声によるプレミアムトークと早川が国内外で取材した本当によいコンテンツだけを厳選してお届けする会員制プログラム『Life Update Plus』も連動して展開しています。
番組ではお届けしきれなかった佐久間裕美子さんのインタビュー完全版(約78分)もお楽しみ頂けます。

本物にだけ触れたい人のための会員制プログラム『Life Update Plus

佐久間裕美子さんインタビュー完全版内容

・なぜライターになったのか?
・佐久間さんをアメリカへと突き動かしたものは?
・会社が向いていなかったのはなぜ?
・独立する時、勝算や戦略はあった?
・なぜNYで20年やってこられたか?
・ライターとして活躍し続けられているのはなぜか?
・運がいい人と悪い人の境目は?
・仕事をする上でのバランスとスタンス
・9.11で感じたこと、気づいたこと
・なにが佐久間さんをNYに居させ続けるのか?
・ブルックリンに住んでいるのはなぜ?
・ブルックリンの特徴や魅力は?おすすめのスポット・レストランは?
・良いインタビューとは?そのために心がけていることは?
・佐久間裕美子のつくられかた
・人生で最も影響を受けたヒト・コト・モノ
・NYで得たもの、失ったもの
・クリエイティブであり続けるために心がけていること
・センスの磨き方
・大切にしている習慣
・自分らしく生き続けるために一番大切なこと
・自身を取り巻く環境や状況に苛立ちを感じている?満足している?
・死ぬまでにどうしてもやりたい仕事

Pocket
LINEで送る


Back To Top